賃貸物件からの退居について

できるけ安く引越しをしたいと思った場合、引越し業者に支払うお金にばかり意識が向いてしまいがちです。
業者との価格交渉や荷物を減らすこと、自分でできる作業は自分たちで行うこと、といった引越し料金節約のための工夫はもちろん必要です。
しかし、引越しの際に必要になるお金全体に目を向けてみると、業者に支払う料金以外にも色々な費用が必要になります。
その中でも、特にまとまった金額となってしまうのが、賃貸物件から引っ越す場合に発生する、退居の際の部屋クリーニング代金です。
賃貸物件に入居する際に、敷金を支払っている場合が多いと思います。
この敷金は、物件の管理会社や大家に対して預けるお金です。
万が一家賃の滞納が起こった場合や、入居者の明らかな過失によって部屋の修繕が必要になった場合などに、敷金を使用してその穴埋めや修繕費用とすることができます。
そのため、敷金が全く使用されずに退居となった場合、退去後に敷金は入居者に返金されます。
しかし、退居時に部屋のクリーニング代金を請求されることも多く、ほとんどのケースでは敷金が全額返金されることはありません。
しかも、中には本来なら入居者の責任ではないクリーニングまで、その項目に含めている場合もあります。
生活して自然についた傷や汚れの場合、入居者がクリーニングを行う責任はありませんので、もし疑わしい点があれば必ず質問し、必要以上のクリーニング代金を支払わないようにしましょう。
Copyright (C)2017引越し費用、こうすれば安くなるかも?.All rights reserved.